本文へスキップ

専門店へ行けば販売や買取が盛んに行われています。

PCケース

PCケースの規格

中古パソコンからパーツ取り/PCケースの規格

パソコンの見た目を決定するPCケースにはMicroATX型とATX型があり、どちらに するかはマザーボードによって決めることになります。 対応するほうを使うことになるので両方とも持っていればどんなケースにでも 対処することができますが、一方しか所持していないのであればこれから必要に なる物を買うときに計画性を持たせることになるでしょう。 ただ動作させるだけならPCケースなんていらない、適当な箱を使えばいいじゃ ないかと思っている人もいそうですが、パソコンは精密な機械ですので専用の ケースに収納しないととっても危険です。 ホコリが入り込んでしまったり熱がこもりやすい箱では故障しやすくなりますし、 火災を発生させてしまう原因にもなります。 ケーブル類も多数備えているので、PCケースを使わないで自作パソコンを組もうと するのはハードなチャレンジになるでしょう。 そんなに高価なアイテムではありませんし、スペースに余裕があるのならいくつか 持っておいてもいいかもしれません。


PCケースの大きさ

内部にCPUやメモリー、ハードディスクやグラフィックボードなどを収納する PCケースは小さな物ではありません。 一般的なサイズはミドルタワー用とミニタワー用があり、ミドルタワーのケース の方が大きくなります。 どんなパソコンを完成させたいのかにもよりますが、設置するスペースが用意 できない、省スペースでなんとかしたいのならミニタワーのケースを使用した 小型の自作パソコンにすることになるでしょう。 性能の面から考えると拡張性があるのはミドルタワーなので、どんどんパーツを 取り付けてパワーアップさせたいのならミニタワーでは制約が多いため不可能な ことも出てきますから、ミドルタワーの方が勝るでしょう。 広い部屋なのでパソコンの大きさは問題にならない、という環境ならとりあえず ミドルタワーのPCケースを選んでおけば間違いなしです。 ミドルタワーの利点は省スペースという点だけです。


電源ユニット

最初から電源ユニットが付いているPCケースと付いてないケースがありますので、 もしも付属してないタイプなら別で用意することになります。 パソコンの性能に影響は与えませんしそんなに専門的なパーツではありませんが、 これがなければ動作させることができない重要なパーツなのは確実です。 ノートパソコンのように内臓バッテリーで稼動させるから、というのなら動かす ことは可能でしょうがとっても無駄な気がするのでやめておいたほうがよさそうです。 コンセントを使わないで自宅のリビングでテレビを見ようとすることのように、 頑張るだけ損な努力となりそうです。 素直に付属の電源ユニットを使用するか、別途用意して電源を供給できるように してあげたほうがパソコンさんも喜びます。 PCケースを探す時は同じような条件で電源ユニットが付いているのとないのが みつかった場合、前者を選ぶのが無難かと思われます。