本文へスキップ

専門店へ行けば販売や買取が盛んに行われています。

SSD

ハードディスクの役割

中古パソコンからパーツ取り/ハードディスクの役割

ハードディスクにはOSや画像データなどが保管されており、必要に応じてデータ を読み込んでいるのですが、頻繁に使用されるデータやプログラムはもっと高速 でアクセス可能な場所に収納したほうが待ち時間も少なくなります。 そこで登場したのがSSDで、高速でアクセス可能なこの記憶デバイスは今まで 使用されていたハードディスクよりもメリットが多くあるためこれからどんどん 普及することが予想されています。 待ち時間を大幅に短縮してくれますし壊れにくいので、今はまだちょっと高いと 感じるかもしれませんがハードディスクに代わる記憶デバイスとしてこれからも 存在感を高めていくでしょう。 発売当初よりも普及するにつれて手に入れやすい値段になってきましたし、 既製品のパソコンでもこれが標準装備で当たり前になりつつあるので自作する人も しない人も、SSDというパーツについては知っておくべきです。 パソコンには興味がないし購入する気もないのであれば知らなくてもいいですが。


SSDの規格

主流となっているSSDの規格はSATAで、サイズは2.5インチのものになり ますが、他にもIDE接続や1.8インチの品も市販されています。 ですがマザーボードはSATAが多数ですし、こちらの規格の方が今後も安心して 使用することができそうなのでそれを選びましょう。 少数派の規格に手を出すと近い将来に覇権争いで破れた場合、使うことができなく なる可能性もあるのでそれを踏まえての選択になります。 たとえ性能や形状が優れていてもその規格が一般的になれなければ、淘汰されて 他で使えなくなることがあるので、中古品として買取してもらえなくなったり、 対応するパーツを探そうとしてもみつからない、なんてことになります。 なので主流の規格に合わせて商品選びをすることが大切で、まだ比較的新しい デバイスのSSDではとくに慎重にならなければなりません。 容量の大きなSSDを先の事も考えずに規格を考慮しないで買ってしまうのは、 ちょっと残念なことになりかねませんので注意です。


可動部がないので静か

ハードディスクとSSDの大きな違いには性能面以外でも物理的な違いがあります。 ハードディスクは円盤をモーターで動かしてデータを読み取っていますが、SSD はそのような動きは一切いたしません。 内部で動く部品がありませんので使用中もとっても静かですし、動かす部品が ないため軽量で故障率も低くなっています。 内部で可動する仕組みになっているハードディスクは少しの衝撃でも壊れてしまう ことがあり、持ち運びをするノートパソコンだと発生率も跳ね上がります。 ですがSSDはわりと頑丈なため、ちょっとくらいの衝撃には耐えられますのが 大きなメリットになるのではないでしょうか。 また可動部品が一切ないため消費電力も少なくなり、熱を発することもありません。 バッテリーの消費が気になるノートパソコンや発熱が気になるノートパソコンに おいて、これはとっても嬉しい話ではないでしょうか。