本文へスキップ

専門店へ行けば販売や買取が盛んに行われています。

グラッフィックボード

幾つもの呼び名

中古パソコンからパーツ取り/幾つもの呼び名

グラフィックボード(graphicsboard)はいろいろな名称で親しまれているので、 ひょっとしたら違う呼び方をするため別物だと勘違いしていたパーツを所有して いる方もいらっしゃるかもしれません。 グラフィックボードに非常に似ているグラフィックスボードなら同じ物だと誰もが わかるでしょうが、ビデオアダプター(videoadapter)という呼び名だと本当に 同じ物なのか不安になってしまいます。 またグラフィックカード(graphiccard)、グラフィックスカードという呼び名 もあり、これらはギリギリグラフィックボードと同一だと思われそうな感じです。 他にもビデオボード(videoboard)、ビデオカード(videocard)という呼び方 をされることもありますし、とにかくたくさんの名称を持っているので混乱しない ようにしなければなりません。 さらにグラフィックボードを略して「グラボ」と表現することもあるので、素人 さんはグラボのことを調べるときに苦労するかと思います。


ジーフォース

グラフィックボードで有名なメーカーはふたつあり、その中でも一番知られている のがNVIDIA(エヌビディア)社です。 このメーカーのNVIDIAGeForce(ジーフォース)は初心者にも扱いやすいですし、 中古品も数多く出回っているのでこの名を聞いたことのある人もいるでしょう。 初心者向けの製品だけでなく高性能なグラフィックボードの開発もしていますし、 玄人をも唸らせるスペックの製品も少なくありません。 美しいグラフィックのネットゲームや映画をパソコンで楽しみたいのなら ハイスペックなグラボが必須になりますが、最近のゲームはNVIDIAGeForceを 前提に開発されているのも多いそうです。 もしもグラボ選びで迷ったのならとりあえずNVIDIA社の製品にしておけば苦労 はしないと思いますので、中古だろうが新品だろうがこの会社のロゴが入っている 品を選択しちゃいましょう。 各製品のスペックは自分で調べて勉強して下さい。


ラディオン

もうひとつ有名なグラフィックボードのメーカーはAMD社で、2006年までは ATITechnologiesという社名でグラボを開発・販売していましたがAMD社に買収 されてからこの名前で活躍しています。 グラボはAMDRADEON(ラディオン)というブランド名で流通しており、ジーフォース にもそんなに劣らない知名度があるのではないでしょうか。 昔はジーフォースよりも3D面では劣っていて動画では勝っている、という評価を されていましたが、最近ではどちらもほぼ互角ではないかと噂されるほど性能は 拮抗しているので、正直なところ好みで選べばよいのかもしれません。 ただ流通量はジーフォースには負けており価格も同程度の性能ならラディオンの 方が安価なようですし、ちょっと玄人向けというかマニア向けのようなポジション になるのかもしれません。 ちょっと知ってる程度の人ならAMD社のラディオンをあえて選ぶことはしないで しょうし、あえてこちらを買ってみるのもいいかもしれません。