本文へスキップ

専門店へ行けば販売や買取が盛んに行われています。

中古で売買されるパソコンの部品を紹介するサイト『中古パソコンからパーツ取り』

『中古パソコンからパーツ取り』はパソコンパーツの買取、リサイクルなどについて解説します。

PCケース

  • パソコンを買い替えたらそれまで使っていた古いパソコンはそのまま下取りとして 買取りしてもらうか、部品ごとに分けて処分することになるでしょう。 一式まるごと買取してもらうの手間がかからなくて楽ですが、高値で処分するの ならそれぞれのパーツごとに売っていったほうがいいこともあります。 高性能のパーツだけは自作用に残しておいてもいいですし、丸々売らないで後で 活用するために保存しておくと楽しみも増えるでしょう。 とくに自作パソコンを組める人ならいろいろなパーツでお部屋を散乱させると、 ちょっと幸せな気分に浸れそうです。

SSD

  • 10年前はハードディスクの仕事だったシステムドライブですが、最近はSSD がその役割を引き受けるようになってきました。 読み込み速度がハードディスクとは比較にならないほど高速なので、パソコンを 立ち上げるときにOSがSSDにインストールされているととっても快適で、 一度味わったらもう手放すことができなくなるでしょう。 中古パソコンには搭載されていないかもしれませんが、現在市販されている新品 のパソコンはほとんどがSSDを積んでいますし、単体で購入される方も多いので 中古品も手に入れやすい状況になっています。

グラッフィックボード

  • パソコンにはグラッフィックボードが不可欠と思っている人もいるかもしれない ですけれど、無くても普通に動作はします。 中古パソコンでもいいお値段がするような品ですと立派なグラッフィックボード を搭載していることもありますが、安い中古パソコンだと未搭載ということも 考えられるので、購入前にスペックを確認しなければなりません。 もちろん新品でもグラボ無しという製品はありますし、もともとはハイスペックな PCだったけれどグラボを取り外してそれ以外をリサイクルショップに買取して もらうというパターンもあるので、とにかく確認するのが一番大事です。

ディスプレイ

  • 新品でOSも付いているパソコンを買おうとしてもディスプレイは別売りという ケースがほとんどなのは、パソコンと同時期に買い換える必要がない、という 理由からなのでしょうか。 初めてパソコンを購入するのならノート型でない限りディスプレイも一緒に 買わないと、自宅に持ち帰ってもまともに使うことはできません。 そのことを知らずにトラブルを起す人もまれにいるようですしちょっと不親切な 気もしますが、無理矢理セットで押し付けられても困る人がいるでしょうから 上手にこちらが対応するしかないのかもしれません。